TOEIC対策-1 前文とのかかわり

この記事は1分で読めます

wow
TOEICの試験対策に300点から900点まで  (初心者から、中級、上級の方まで)どなたでもわかりやすい感じで伝えていきたいと思います。

The flight was delayed —– heavy thunder storm.
ひどい雷のせいで、飛行は遅れています。
A because
B due to
C due of
D Why
こういった問題が出てくると、大体、—の前と後ろの文章から
すると、この予測の部分に前半と後半の関係性が
見えれば、得点を上げることは簡単です。
選択肢として考えられるのは、
1 前半と後半が同じトーン
2 前半と後半が真逆のトーン
3 前半と後半が原因と結果のトーン
などが考えられます。
こういった形で問題に取り組んでいくと
いきなり問題を見たときに一歩引いて考えられるかなと
思います。
この問題を考えると、
前半が結果、後半が原因っぽいですよね。
ということで、選択肢は必然で、 DUE TOが入るということになります。
オンライン英会話.004
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. wow

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。