映画の見方、捉え方を多文化で見てみよう

この記事は2分で読めます

enjoy-the-little-things

こんにちは。

 

今日も英語に触れていますか。

 

 

突然ですが、あなたはどんな映画を見るでしょうか。

 

映画は洋画しか見ないという人はかなり多いですが、

あなたは韓国映画、香港映画、インド映画、

 

などなどアジアにも目を向けて映画を見ているでしょうか。

 

 

映画って単純に監督がそう撮りたいからとっているだけではなくて、

宗教やら文化やらを考え、

その当時の最先端の手法などを使って作品ができると言われています。

 

社会にかなり大きなインパクトを残す映画も時々出てきますよね。

 

日本に住む多くの人って宗教がないから

宗教関連にインパクトを残す、

そんな映画はあまりインパクトを残さない可能性が高いですよね。

 

映画は生まれた町、育った町、かかわった人達、衝撃を受けた文学

などからいろんな観点で見る人がいて、

 

そして、その中でいろいろな解釈が生まれるわけですから

一概に、

「これはよかった」

「残り5分の衝撃、涙が止まらない」

「空前の大ブーム」

 

とか言われても、その映画を見終わってからそれほど感動しない人も

多いと思います。

 

 

だって、焼き魚を頭から食べてもいいし、

尻尾から食べてもいいし、

 

物事が目の前にあって、それをいかに食べようが

(映画があって、それを見る人がどう見ようが)

構わないからですね。

 

 

だから、文化とかを交えている映画って、解釈が人それぞれだから

違って当たり前。

 

 

逆に、

ホラー映画とか、コメディっていうのは、解釈がシンプルな気がします。

 

だから、面白さを共有できて

多分映画としてはかなり評価が高いのではないかな

(皆で話を共有でき、そしてその解釈で喧嘩が起こらない)

と思います。

 

 

 

この時期はクリスマスシーズンなので

面白い映画がどんどん出てくるでしょうし(もう出ているか)

寒い時期に、楽しめる暖かい話もいいのではないでしょうか。

 

 

世間で暗い話が多い中、

海外の素敵な風景を見て、旅行気分になり気持ちが高揚するなら

なお良しですよね!!

 

英会話ができて、映画が理解できれば

日本語字幕とはまた違い解釈がバンバンでてくるので

とても面白い 観点で映画を見ることもできます。

 

ぜひ、英会話に精通してもらって、

日本以外の文化を、面白い観点から学ぶことで

同じ景色をみても、

違う観点から見ていって、

今の人生を2倍にも3倍にも膨らませましょう!!

 

そのために、来年から僕は大阪を中心に

面白い企画を上げていきます。

 

こうして、ブログを読んでくれる方に対しても

ネットを通してそういう活動を広められれば

日本を観光しにくる方々とも触れ合って、

オモテナシを個人レベルで皆さんがしていけたら

楽しいと思ってます。

 

大阪の人は、

Hshibata0001@gmail.com

にご連絡いただければ、グループレッスンなど

していますので、ぜひ気軽にご連絡ください!

 

それでは

Take care

 オンライン英会話.007

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 546
  2. kao
  3. health
  4. forget

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。