Janglish-ジャングリッシュとは?

この記事は2分で読めます

baloon

あなたはJanglish-ジャングリッシュを知っているか?これは英会話を習いたい人がまずはマスターすべき分野であって、これをマスターしない限り英語ペラペラの道は遠い!英会話上級者になるために、激安、格安でネイティブ英会話に対抗するためにここではジャングリッシュのすばらしさを伝えます。

ジャングリッシュとは

そもそもジャングリッシュってなんなの?と思っているあなた。

これは、和製英語とでも表現したらわかりやすいでしょうが、あなたの周りにこれはウヨウヨしています。

例えば、スマート。

この言葉を今でも、「カッコいい」という意味だと思っている人がとても多いのには驚いてしまいますが、

どうしてそう思ってしまうのかというと、日本のメディアのせいですよね。。

 

僕らは日本のメディアにいろいろなことを学ばされているので、仕方ないところです。。。

 

ただ、英会話を極めたいあなたには、忘れてほしくないことが山ほどあります。

それをこのブログではどんどん追及していきますから

このブログを通してあなたの英会話上達への道を、最短距離でディレクションしていくので

しっかりついてきてください。

 

そもそも日本人は英会話をネイティブに話すことは無理?

街にあふれる英会話の本で、かなりの頻度で見かけるキーワードがあります。

そのうちの一つが「ネイティブ」という言葉ですね。

ネイティブという言葉をあなたはどう理解していますか?

大げさに言えば、流暢に話せる人をペラペラといいますが、どうも

多くの日本人にとって、ペラペラとネイティブは同義な気がします。

しかし、ネイティブというのは「現地の人」という意味ですから、

東京の人が話す関西弁は、嘘っぽく聞こえるみたいなもので、

日本生まれ、日本育ちの人がネイティブを身に着けるには並大抵のことでは

無理でございます。

不可能ではないにしろ、難しいのですね。

だから、まずは、ジャングリッシュを極めてみて、英会話を流暢にこなしましょう。

そうすることで、英会話に自信を持て、そこからペラペラに進みましょうね!!

 

英会話を上達させるための唯一の方法とは

ダイエットと同じで、成功するためのものをあなたはすでに知っているはずです。

ダイエットをしたい、、、と毎年いう人がいますが、やり方を知っているはずなのにできない、、、

その理由は一言で言えば、「続かない」というだけですよね。

 

そう、 答えは「続ける」ということです。

英会話を極めるためには、「継続」がない限り無理なのです。

何も難しいことではないですよ!

あなたの日常に、少しずつ英会話を入れていきましょう。 するといつの間にか

できてきます。

キーワードは「続ける」と「いつの間にか」

です。

このブログに来ることを毎日の習慣にしていければ

「いつのまにか」あなたもペラペラですよ!

 

ペラペラになりたいあなたにこそジャングリッシュを

では、もうやることはわかりましたね!

発音が苦手でも、文法がわからなくても、単語がちょっと間違っていても

要は、相手に自分の想いが伝わればそれでオーケーです。

だから、恥ずかしがらずに伝えたいことをあきらめずに伝えていこう。

この姿勢さえあれば、「いつのまにか」日本にいても英会話はペラペラになります。

 

さ、ここから始めましょう。

オリンピックまでのあなたの長く、ワクワクする宿題を!!

(オリンピックが東京であるので、そこでみんなに英会話を上達させていろいろな人と交流をもってもらいたいので。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 10.29

    Hello world!

  2. film
  3. film
  4. 04540a91

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。